design,fetishism,photo,text
by asayake_id
ミツバチとジョオウバチ
b0044108_165686.jpg

scene.1

財布の中のレシートは溜まってゆく一方。
休みの時間が全く合わない親友。
「RE:」だけを延々と繰り返すメール。
本音で話さないよねと言われる。
ログインだけするSNS。
実はこっそりSNSで別ドメインを持っている友人。
家業を継ぐため、東京を離れる後輩。
若きバンドの歌に胸ぐらを掴まれる、年上の男。
楽しみに行った居酒屋の、ほとんど売り切れたメニュー。
乗り換えが増える、終電間近の通勤電車。
銘柄の分からない、「生ビール」。
ベルトコンベアに乗ったかのような健康診断。
真面目に答える意味が無い問診。
滅多に整理されないデスクトップそしてブックマーク。
誰かに会ってるようで誰かに会っていない週末。
会ってない誰かって?と問われても誰にも答えない。
早く床に着こうとも普段より早すぎる故、寝付けない日曜の夜。
知っていることを知らないフリをする会話。
いつしか的を無くしたダーツ。

「ミツバチ」が思う程、
「ジョオウバチ」は「ジョオウバチ」らしくなくて。
「ジョオウバチ」が思う程、
「ミツバチ」は「ミツバチ」らしくなくて。
[PR]
# by asayake_id | 2006-10-22 22:20 | photo
I Say Yeah!
http://www.youtube.com/watch?v=4JWzjm47zTg

只今、そしてこれからもずっとヘビーローテ。
こんなトラックを作ってしまう坂間D、最高。
[PR]
# by asayake_id | 2006-09-10 23:03 | text
on the road
b0044108_1272175.jpg

その先が、見たいから。
[PR]
# by asayake_id | 2006-07-30 01:29 | photo
LINK!
2年程前にこんな文を書いた事があったんだけど
(この頃の過去ログは基本公開していません)
こちら
今日たまたまエキサイトミュージックでこんな記事を発見。
ACIDMANが須藤元気のデビューシングルをプロデュースするというもの。
詳細


繋がった!


当時から交遊があったんだろうか。
まさに「equal」、まさに「WE ARE ALL ONE」。
いや〜びっくり。
[PR]
# by asayake_id | 2006-07-05 01:17 | text
Diary20060701
抽選で当たった友人に誘われ、「excite music festival 06」なるイベントへ。

HOMEMADE家族、SOUL'D OUT、sowelu、久保田利伸、KREVA。この内HOMEMADEは入場に手間取り観ていない。背中好きの自分としてはsoweluが観られたのは良かったし、久保田利伸のLaLaLa Love songを聴けて嬉しかった。久保田当人はこういったオムニバスイベントに出るのは実に十数年ぶりと言っていた。当時はパンク、ロックなどを含めた、ジャンルレスなイベントだっただけに、今回の出演者のジャンルがHipHop、R&Bだけで構成されている事は非常に感慨深いようだった。だってまさに開拓者のような人。嬉しさもひとしおだろう。
で、トリを務めたのは久保田ではなく、なんとKREVA。てっきり逆と言う思い込みがあったから、これには驚いた。




そして、俺らにとってハイライトとなった。

彼は普段かなりオレオレなMCをかます。で、今回、自分目当て以外の"マス"を相手にどういったライブをかますのか楽しみだった。流れとしては本邦初公開となる新曲から、キューゼロ、ソノミをフィーチャーした曲などの後、「スタート」に「イッサイガッサイ」で締めた。
ひとりで始めてひとりで締めた。
サイドMCがずっと付く事もなく。
バンドセットを組む事もなく。

キック(ザカンクルー)デビューの遥か前からクラブで観ていたアーティストが、今や武道館をやってのけた。で、今回は代々木体育館。圧倒的多数に観られているという事実。冷める事のない情熱、努力の積み重ねこそが歩みを進めるという、ごく当たり前かつ大切なこと。よくメジャーになると、セルアウトだの言われるけれども、揺るがない目線の高さを持っているように思った。深くコアな層も大事だけども広くマスに観てもらう意味がはじめて分かった(同様にLaLaLa Love songの物凄い盛り上がりにもマスの凄さを感じた)。



「愛・自分博」なんてアルバムタイトルをつけるように、自己主張を強く見せるKREVA。けれども、スタートとイッサイガッサイは、「飲み込む」「堪(こら)える」曲。

個人的には、いろんな事を考えながら聴いていた。
去年に思いを馳せながら。
結局、間違ったのか間違っていなかったのか。

---(キーボードを叩くフリをしつつ)「自分と向き合ったり、ね?」。
「え?」
「なんでもない。」

元気にしてますか?



他にはないラブソング、オレオレなMC、どれもあまりにド・ストレート過ぎて、ひねくれた世代であることに加えてライムスター的視点が染み付いている我らとしては、どうしてもKREVAを茶化してしまう(友人は彼を「王子」と呼ぶ)。裏返せば、自分に出来ない感情表現を出来る人に親しみと尊敬を込めているが故。

いやぁ、カッコいいよ。
[PR]
# by asayake_id | 2006-07-03 02:53 | text
together
b0044108_257197.jpg

私たちは、身を寄せあいながら生きている。
[PR]
# by asayake_id | 2006-03-26 02:57 | photo
exhibition
b0044108_3204542.jpg

[PR]
# by asayake_id | 2006-02-11 03:19 | photo
Rebirth

b0044108_419738.jpg

[PR]
# by asayake_id | 2006-02-05 03:18 | photo
Between you and me -2-
「もうねぇ、腐れ縁。ほんとに」

最近、向こうがよく口にする台詞。
先日、同期達との久々の飲みでも言っていた。
今も残る同期は、俺と向こう。もうふたりだけしかいない。

皆で近況を述べあう際には、
「実は私たち、結婚したの」
なんて言い出して。

そして、
最後には、
冒頭のいつもの台詞。


腐れ縁ー

もし、赤い糸なんてものが本当にあって、
万が一、俺らの間にもあるとするなら、
確かにボロボロもいいところだろう。
下手すれば切れてしまうくらいに。


それでも一緒に居たいと思う。
[PR]
# by asayake_id | 2005-11-03 02:30 | text
finder
以前、居酒屋でバイトをしていた。
ある日いつものように店に向かうと、何やら大きな人だかり。
しかもハシゴ車まで来ている。
まさかウチの店が入ってるビルそして店じゃないよなと思いつつ
人を掻き分け着くと、黄色い立ち入り禁止のテープが貼られている。

近くに居た消防士が言うには、出火元は2Fのテナント。
まさかが現実。そう、ウチの店だった。
とりあえず問題の無い事を確認し、店に入った。
既に出勤していたスタッフに聞いた所、
空調だか冷蔵庫からどんどん煙が立ちのぼり、
大騒ぎになったとの事らしい。
とりあえずケガ人も無い、火も出ていない
と聞いて、ほっと一息付いた。


そして、ふと窓の外を見た。



ギョッとした。


降ろしたブラインドの隙間から見えたのは、、、


遠巻きにこちらを眺める、無数の人々。


彼らがこちらに向けているモノ。


ケータイのカメラ。




何だか無性に、そして心の底から沸き上がってくる言い知れぬ感情。

「ムカつく、つーか笑えるわ」
友達が、カメラを向けて逆に群衆を撮り出した。
[PR]
# by asayake_id | 2005-10-15 13:32 | text


以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
幻。
from こんな世界なんかなくなってし..
Heads or Tai..
from Heavenly Child..
ほんの少しだけでもほっと..
from 少佐の2902熱光学迷彩・電..
Action!
from Earth-Mart Cafe
Action!
from Earth-Mart Cafe
蜘蛛の糸
from 日本の文学・小説集め
White Band
from Sky Magic
信号・変換・操作。
from こんな世界なんかなくなってし..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧